一般的な自動車保険では、台風や地震、噴火、洪水、津波といった自然災害によって自動車が被害を受けた場合、補償の対象にはなりません。

保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pick Up Entry
保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜

自動車保険で起こりやすいトラブルとは

毎日の生活に欠かせないのが自動車です。

通勤に使用している人も多いことでしょう。
また、買い物などには自動車が絶対に必要だという人は多いはずです。

この自動車ですが、購入する際には、自動車保険に加入しなくてはなりません。
購入する際に加入が義務付けられているのは自賠責保険と呼ばれる自動車保険で、これは強制保険となっていますので、自賠責保険に加入しなくては、購入した自動車で行動を走ることができません。
そのため、自賠責保険なら全ての自動車オーナーが同じ内容の保険に加入することになるわけですが、しかし、自動車保険というのはそれだけでは実は保障が足りません。
自賠責保険でカバーできるのは損害賠償などが発生した際の、その賠償金のみとなっています。
つまり、自分や同乗者がケガをした場合や、自分の乗っていた自動車が破損して修理が必要になった場合などは、自賠責保険では金銭的な負担をカバーできないのです。

そこで、ほとんどの人が任意保険と呼ばれる民間の自動車保険に加入しています。
この任意保険は加入者が本当に必要な保障内容や、その保障金額をある程度自由に選ぶことができます。
そのため、どういった保険に加入しているのかは個人差があり、ときには自動車保険を巡る思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
例えば、実際にこんなトラブルが発生しています。
任意保険に加入していたある自動車オーナーが、自宅の駐車場に自動車を駐車していたところ、大規模な台風によって起こった川の氾濫が原因で、自動車が水に浸かってしまいました。

そして、そのために自動車が故障し、大きな修理費用がかかったのです。

そこで、その修理費用を自動車保険でカバーしようと、保険会社に連絡を入れたところ、「あなたが加入している自動車保険では、今回のケースは保障を受けることはできません」との回答がありました。

実は、一般的な自動車保険では、台風や地震、噴火、洪水、津波といった自然災害によって自動車が被害を受けた場合、補償の対象にはなりません。
もしこういった部分もカバーしたければ、一般的な自動車保険に何らかの特約をプラスするなど、あらかじめきちんと検討しておく必要があるのです。

これを知らないまま、「自動車保険に加入しているから安心だ」と思っていると、今回の例のように意外な展開になってしまうこともあるでしょう。
また、自然災害以外にも、被害の原因となる事故が加入者の故意によるものであったり、悪質な行為が原因であったりする場合にも、補償を受けることができません。

Copyright (C)2017保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜.All rights reserved.