実際にインターネットの一括資料請求を使用して、ある保険会社から資料を取り寄せた男性の体験談を紹介しておきたいと思います。

保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pick Up Entry
保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜

資料請求の使い勝手は?

どんな保険でも同じですが、自分に合った保険商品を見つけるためには、まず資料を取り寄せて内容を検討してみる必要があります。
一つの保険商品に関して資料を取り寄せただけでは、他に比較する対象がありませんので、保険選びや保険の見直しでは、できるだけ多くの資料を集めなくてはなりません。
しかし、資料の取り寄せ方や、資料請求のリスクなどについて、漠然とした不安を抱いている人も多いのではないでしょうか。
例えば、資料を一度取り寄せてしまうと、少なくとも資料の送り先や氏名、そして興味がある保険の種類、そして保険に興味を持っているということが、保険会社に知られることとなります。
そのため、保険会社としては加入者を1人でも多く確保したいわけですから、一生懸命勧誘に乗り出すのではないか、という点が気になる人は多いでしょう。
そこで、ここでは実際にインターネットの一括資料請求を使用して、ある保険会社から資料を取り寄せた男性の体験談を紹介しておきたいと思います。
まず、その男性はネットの一括資料請求サイトで、気に入った保険会社を選びました。

このサイトでは、自分の年齢と性別を入力すると、最適な生命保険の情報一覧が表示される、シミュレーション機能がついていました。

そこで、気に入った保険商品を探し、気になる商品にチェックを入れていきます。
その後、資料請求のための必要事項を入力したのですが、このときの項目はあくまでも資料請求のための送付先などで、簡単なものだったため、それほど時間はかからなかったという印象だったそうです。

そして、内容を確認して申し込みボタンを押すと、資料請求は完了です。

そうすると、その後1時間ほどたってから、この資料を請求した保険会社から、電話がかかってきました。

しかしこれは保険の勧誘電話ではなく、できるだけ最適な資料を送付するための、確認電話でした。

そして、希望する保険と、保険加入に対してどの程度真剣に検討しているのかといったようなこと確認し、その電話は終了しました。

さらに後日、資料が届いたそうですが、その間加入の電話は一切なし。
そして、資料が届いた後も、特に加入を促すような電話での営業は、なかったそうです。

実際に、こういった一括資料請求サイトは山のように存在し、それぞれのサイトをたくさんの人が利用します。
そのため、保険会社としても、資料を請求してくる人全てに対して、熱心に営業できるほど暇ではないのかもしれません。
資料請求に関しては、それほど難しく考えず、どんどん活用しても良さそうです。

Copyright (C)2017保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜.All rights reserved.