多くの人が妊娠中に学資保険への加入を決めており、そのおかげで安心して子育てができると感じているようです。

保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pick Up Entry
保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜

学資保険は妊娠中に検討しよう

子どもがいる家庭にとって、将来的に必要になる子どもの教育費用というのは、とても頭が痛い問題でしょう。
もちろん、子どもの将来を考え、それに備えるというのは親としての楽しみでもあるはずです。

しかし、実際には毎月の決まった収入の中から生活費を捻出し、その上で教育費も貯めていくわけですから、安心できる金額を貯めておきたいと思ったら、それは簡単なことではありません。
そこで、近年は学資保険や子ども保険と呼ばれる保険商品を活用して、子どもの将来に備える人が増えてきました。

学資保険とは、子どもが例えば大学進学にあたる18歳などの年齢に達した時点で、満期となり、保険金が支払われるという保険です。

大きな特徴は、もし保険料の支払いが途中の段階で加入者である両親が死亡した場合には、その後の保険料支払いが免除され、さらに満期時には満額の保険金が支払われるという点でしょう。
つまり、親の生命保険と同じ様な役割も果たしているというわけです。

この特徴によって、学資保険に加入しておくと、自分に万が一のことがあったときでも、子どもに進学費用を残すことができるのです。

貯蓄の場合には、途中で死亡してしまった場合、その時点までに貯金した金額しか残せませんが、学資保険なら加入時に予定していた金額が子どもに支払われます。
こういった学資保険や子ども保険を積極的に販売する保険会社も多くなり、子どもを持つ親にとっては、必ず検討する選択肢の一つとなっています。
ただ、どの時点で学資保険について検討するのかが問題です。

できるだけ保険料を支払う期間を延ばした方が、毎月の負担は軽くなります。
そのため、多くの親たちは、妊娠が発覚した時点で、学資保険への加入を検討しているようなのです。

もしかすると、早いと思う人もいるかもしれません。
しかし、出産後は慣れない子育てで、じっくり保険について検討している暇がありません。
また、妊娠中であれば出産後の家計に関してゆっくり検討することもできますので、学資保険にどれだけの保険料を割けるのかという、予算についての計算も、しっかり行うことができるようです。

実際に、多くの人が妊娠中に学資保険への加入を決めており、そのおかげで安心して子育てができると感じているようです。

妊娠した段階で、大学進学のことまで考えるのは難しいかもしれませんが、子どもの幸せを願うなら、一度夫婦で話し合い、検討してみる価値はありそうです。

Copyright (C)2017保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜.All rights reserved.