万が一がんにかかった場合に備えるには、やはりがん保険に加入しておくという方法がベストです。

保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜
Social
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pick Up Entry
保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜

がんに備えるための最善策

日本人の多くは、実はがんで亡くなっています。
がんにも色々な種類がありますが、がんという大きなくくりで見れば、他の病気を圧倒的に上回り、日本人の病死の原因において、長い間第一位を占めているのです。

ただ、がんは以前と比較すると、かなり治療ができるようになってきたのも事実です。

もちろん、がんの種類や状態にもよりますが、完治が目指せるケースが非常に多くなってきました。

これは、医療技術の進歩によって実現されたことで、今もがんを治すための研究が日々進められています。
ただ、どれだけ技術が進歩してがん治療が進んでも、その治療を受ける患者が、治療に必要なお金を準備できなければ、ベストな治療を受けることができなくなってしまいます。
がん治療にはとても大きな費用がかかり、中には公的保険の適用を受けられない治療技術もあります。
高度療養費制度を活用すれば、実際に支払う医療費の金額を抑えることができますが、それでもゲイ金的な年収の家庭では、かなり大きな金銭的ダメージとなってしまうことは、間違いありません。
そのため、万が一がんにかかった場合に備えるには、やはりがん保険に加入しておくという方法がベストです。

がん保険はがんに特化した保険であるため、その他の病気にかかった場合は保障が受けられません。
そのため、「一般的な医療保険で良い」と考えている人も多いですが、反対に一般的な医療保険ではがんに対応できないケースが多いため、万が一がんにかかってしまえば、何も保障がない状態になってしまうのです。

例えば、こんなケースがあります。
ある家庭で、一家を支えてきた大黒柱である父親が、胃ガンであると診断されました。

このとき、妻はもちろんですが、子どもたちにも大きな衝撃が走ったそうです。

しかも、この父親は自営業をしていたため、すぐに入院治療となれば、収入が途絶えてしまいます。
母親も父親の看病に忙しくなるため、家庭全体の収入がゼロになってしまうのです。

子どもたちはまだ学生で、どうすることもできません。
その上に、父親のがん治療にかかるお金を準備するのは、ほとんど不可能だと言って良い状況でした。

しかし、この父親は自営業であるため、保険については人一倍真剣に考えており、自分でがんを網羅できるがん保険を探し、加入していたのです。

その保険には、がんの診断給付金も付いていたため、すぐに保険会社に連絡し、給付金を受け取ることができました。

最初に大きなお金が入ったこともあり、その後は比較的安心して治療に専念することができたそうです。

Copyright (C)2017保険のことをガッツリ学ぼ!〜保険いろいろ〜.All rights reserved.